産後にシミやそばかすが急増する理由とは?

「そばかすは遺伝だから諦めるべき・・・?」

 

\ちょっと待って!/

 

そばかす顔だった当サイト管理人でも結果が出た

そばかす専用クリームを知っていますか?

 

⇒私のそばかすBefore/After

 

 

 

赤ちゃんを出産後シミやそばかすが増えたと感じる女性は多くいます。

 

この原因としては女性ホルモンのバランスが大きく影響しているのです。

 

妊娠中はエストロゲンという女性ホルモンが増加しますが、このエストロゲンは肌の艶やハリを支えるコラーゲンを維持して肌の衰えを抑制する作用があります。

 

産後は、このエストロゲンが急激に減少します。これが肌トラブルの原因となるのです。

 

エストロゲンの減少は肌表面のバリア機能を低下させます。すると肌は外部刺激を受けやすい状態になるのです。

 

肌は紫外線やホコリ、こすれ、摩擦などの刺激があると、防御反応からメラニン色素を多く分泌する特徴があります。

 

また、肌の潤いが低下していることで肌のターンオーバーが乱れ新しい肌の生まれ変わりが正常に行われなくなることで、そのメラニンが残ってしまい色素沈着となるのです。

 

これがシミやそばかすの原因です。ホルモンバランスは産後半年くらいで安定してきますが、こうした状況を改善し、色素沈着を抑えるためには日々の肌ケアと生活習慣の見直しが大切です。

 

まずは、保湿を心がけます。洗顔は肌を刺激せず優しく行い、その後の保湿をしっかりとします。

 

浸透力、保湿力の高い成分が配合されたもの、そして美白効果の高いものをセレクトし、しっかりと肌に染み込ませるようにケアします。

 

肌の乾燥は色素沈着のみならず、古い角質層が残ることで毛穴つまりを起こしてニキビや吹き出物、しわなどの原因ともなります。

 

肌ケアは継続が大切です。自分の肌質合った化粧品を毎日の習慣として塗ることが大切です。

 

そして、赤ちゃんの育児にとても大変な時期ではありますが、自分の体を休ませることも大切にしながら過ごすことも必要です。

 

ビタミンや葉酸を摂れるバランスのよい食生活、出産後の体が安定してきたらストレッチなどの簡単な運動を取り入れていくことで自律神経が安定し、ホルモンのバランスも正常化に向かいます。