トラネキサム酸のシミ・そばかすへの美白効果

日本では、美白化粧品の人気が高く、ネットショップでも様々メーカーの美白剤を購入することができます。

 

美白成分の中でも、人気がある成分のひとつがトラネキサム酸です。

 

トラネキサム酸は、もともとは抗炎症剤や止血剤として使われてきました。

 

プラスミンの活性化を抑えて炎症を防ぐため、炎症によるメラニンの過剰生成を抑えることができるのです。

 

トラネキサム酸は、肝斑にも有効です。

 

シミの一種である肝斑は、頬骨の高い部分に左右対称にできることが多いです。

 

特に、女性ホルモンの影響によって発生することが多く、30代から40代の女性の中には肝斑ができて悩んでいる人が少なくありません。

 

閉経時期を過ぎる頃になると、肝斑はできにくくなります。

 

医療用医薬品として、長年医療の現場で使われてきましたが、加齢によって発生する肝斑への効果が認められて、一般用の医薬品としても販売されるようになります。

 

そして、その後、美白目的の化粧品にも配合されるようになったのです。

 

シミなどの色素沈着は、紫外線や摩擦などの刺激によって、メラニン色素が大量に作られることで発生します。

 

トラネキサム酸は、初期の段階でメラノサイトの活性化因子を阻害します。

 

最近は、色素沈着を防ぐことができるトラネキサム酸と併用して、他の美白剤も使う人が増えています。

 

特に人気が高い美白成分がビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体は、できてしまったシミを還元する作用を持っている成分として有名です。

 

肌のターンオーバーを促進させる成分が配合されている化粧品と併用するのも効果的です。

 

30代から40代の女性は、毎日のスキンケアにトラネキサム酸などの美白成分が入った化粧品を加えている人が多いです。

 

美白化粧品は、毎日継続して使うことで、シミを防ぎ、健やかな肌へと導いていくことが可能なのです。

 

化粧品には、肌に合わないものもあるので、初めは試供品などで試してみて、肌に合う化粧品を使うことが大切です。