ハイドロキノンの副作用とはどのようなもの?

ハイドロキノンが配合されているクリームは美白に効果的な成分としても知られています。

 

しかし、それとは対称的に肌への刺激が大きいことでも知られています。ハイドロキノンクリームには副作用があるのでしょうか。

 

ハイドロキノンには少なからず副作用が見られます。

 

ハイドロキノンが体質に合わなかったということもありますが、使用上の注意を守らなかったり、濃度の高すぎるものを使用した場合には、副作用が現れるケースが多く見られます。

 

副作用の一つに赤みや炎症が挙げられます。この赤みや炎症は体質に合わない場合や、劣化したものを使った場合に多く見られる副作用です。

 

ハイドロキノンは酸化しやすい物質で、酸化した時に発生する成分が、刺激が強く肌にダメージを与えやすく、赤みや炎症が引き起こされます。

 

使用する前に自分の体質に合っているかどうか、パッチテストを行って確認するようにしましょう。また使用期限が過ぎたものや、変色しているものは使わないようにしましょう。

 

次に色素沈着の悪化が挙げられます。ハイドロキノンは紫外線を浴びるとシミを濃くする性質があります。紫外線対策を行わずに使用してしまうと、色素沈着が悪化する恐れがあります。

 

必ず日焼け止めクリームを塗るなどの紫外線対策を行いましょう。

 

そして白斑です。これは濃度の高いものを長期間使用することで、使用していた部分が必要以上に白くなってしまう症状です。

 

濃度が5パーセント以下の場合には、白斑のトラブルが起きたという報告はありません。

 

もしも高濃度のハイドロキノンを使うのであれば、シミが薄くなった段階で使用を中止し、長期間継続して使用することは避けるようにしましょう。

 

ハイドロキノンの副作用の多くは、濃度によって大きく変わるといえるでしょう。高濃度のものを使うことでシミへの作用も高まりますが、肌に対するダメージも大きくなります。

 

副作用が心配という人は濃度の低いものから試した方がよいといえます。

 

使用方法を守り、正しく使用することがなによりも大切です。